「必須脂肪酸とは」って方は多いのではないか

この成分の活躍によって健康が保たれている

  • ホーム
  •  ▶ 「必須脂肪酸」その働きをご存知でしょうか

必須脂肪酸の働きについて

必須脂肪酸とは、人間だけでなくすべての動物にとっても、生きていくうえで非常に重要な成分です。
私たちの身体の組織が正常に機能するためには欠かせないもので、もし不足したら、健康維持に支障が出てしまいます。
それにもかかわらず、自分たちの体内で合成することができないため、必ず食事から摂取しなければなりません。
必須脂肪酸には、血液をサラサラにして血流を良くしたり、高血圧を予防したり、コレステロール値や中性脂肪を低下させたりする働きがあり、生活習慣病に効果をもたらしてくれます。そして、この成分は、リノール酸、Yーリノレン酸、アラキドン酸のn-6系脂肪酸と、a-リノレン酸、DHA、EPAのn-3系脂肪酸とに分かれています。

必須脂肪酸の一つアラキドン酸について

アラキドン酸は肉から取れる

必須脂肪酸は、身体の組織が正常に機能するために欠かせない成分です。
もし不足すると、健康を維持できなくなりますし、子供の成長にも影響します。しかし、体内で合成できないため、食事から摂取しなくてはなりません。そして、アラキドン酸とは、その必須脂肪酸の一種で、ビタミンFとも呼ばれています。
主に、肉類や魚介類やレバーや卵などに含まれています。
このアラキドン酸は、高血圧予防や、コレステロール値の低下の効果が期待できますが、それ以外にも、学習力や記憶力を向上させる効果や、免疫機能を調整する効果もあるため、乳児の脳や体の発達には必要不可欠です。特に、1歳未満の乳児は不足しがちなので、粉ミルクにアラキドン酸を添加した物も販売されています。

必須脂肪酸の一つαリノレン酸について

人間の身体は生きていくために、脂肪酸が必要になります。
脂肪酸のうち体内で合成できるものもありますが、できないものもあります。
この内、体内で合成することが出来ず、食べ物から摂らなければならない脂肪酸を必須脂肪酸といいます。
この必須脂肪酸の中に、αリノレン酸があります。
α-リノレン酸にはω-3脂肪酸の仲間になります。
ω-3脂肪酸はほかにもいろいろあり、EPAやDHAなどの魚やエゴマ油・クルミなどがそれに当たります。
EPAやDHAなどは直接摂取しなくても、αリノレン酸が体内でEPAやDHAに変換されます。
このω-3脂肪酸の仲間であるαリノレン酸は、血管の状態を良好に保ってくれるため生活習慣病を防いでくれる働きがあります。

参考にした必須脂肪酸のDHA、EPAに関する情報サイトです。より詳しい情報が掲載しております。
中性脂肪が気になる方は是非。
DHAとEPAのサプリメント情報。その健康効果を今スグ伝えたい
EPA・DHAとは | 一般社団法人 日本サプリメント協会
n-3系脂肪酸(EPA/DHA)の血栓予防効果